• 宿泊プランを見る
  • 空室状況を見る
  • お問い合わせ
0767-22-7500

能登の海幸"のどぐろ"と
天然温泉"はまなすの湯”を堪能

最新情報

 宿泊約款

宿泊約款
ちりはまホテルゆ華宿泊約款

ちりはまホテルゆ華では、皆様に安全かつ快適にご利用いただくため宿泊約款、利用規約を定めております。
内容を一読していただき、ご同意いただいたうえで当館のサービスをご利用ください。
宿泊約款、利用規約をお守りいただけないことにより生じた事故については、責任を負いかねますので
ご了承お願いいたします。

本約款の適用範囲
第1条 
1 当館の締結する宿泊契約及びこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この
 約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された習慣によるものとします。
    
2 当館は、前項の規定にかかわらず、この約款の趣旨、法令及び習慣に反しない範囲で特約に応ずること
 が出来ます。

宿泊契約の申込み、成立など
第2条 
1 当館に宿泊契約の申込みをする方は、次の事項を申し出ていただきます。
(1)宿泊者の住所、氏名、年令、性別、国籍及び職業。
(2)宿泊料金、支払方法、宿泊日、到着予定時間。
(3)その他当館が必要と認めた事項。
2 宿泊契約は前項の申込みを当館が承諾したときに成立する。
3 宿泊者が宿泊中に宿泊の継続を申し入れた場合、当館は申し出がなされた時点で新たな申込みとして
 処理します。

宿泊契約締結(予約)の拒絶
第3条 
1 当館は次の場合には、宿泊契約の締結を拒否することがあります。
(1)宿泊の申込みがこの約款によらないものである時。
(2)満室(員)により客室の余裕がない時。
(3)宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法律の規定又は公の秩序もしくは善良な風俗に反する行為を
  するおそれがあると認められる時。
(4)宿泊しようとする者が、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」による指定暴力団
  及び又はその関係者、その他反社会的団体等である時。
(5)宿泊しようとする者が不当要求を行う、又は合理的範囲を超える負担を要求した時。及びかつて
  同等の行為を行ったと認められる時。
(6)宿泊しようとする者が、伝染病にかかっている疑いが認められる時。
(7)合理的な範囲を超える負担を求められた時。
(8)天災、施設の故障、その他やむを得ない理由により宿泊させることができない時。
 (9)宿泊しようとする者が、宿泊施設を事務所、営業場所として使用する等宿泊の目的外に使用した時。
(10)宿泊しようとする者が、泥酔者等で他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動がある、又はその恐れ
  がある時。
(11)石川県旅館業法施行条例第12条の規定に該当する時。

宿泊契約(予約)の解除
第4条 
1 当館は宿泊者が連絡をしないで宿泊当日の20時(あらかじめ予定到着時刻の明示されている場合は、
 その時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しない時は、その宿泊予約は、申込者により解除
 されたものとみなすことがあります。   
2 当館は、別に定める場合のほか、次の場合には、宿泊予約を解除することがあります。
(1)宿泊予約を行ったのち、第3条第3号より第10条までに該当することとなった時。
(2)第2条第1号の事項の明示を求めた場合において、期限までに、それらの事項が明告されなかった時。
3 宿泊者は当館に対して、宿泊契約を解除することができる。
4 当館は、宿泊者がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合別表2に
 掲げるところにより、違約金を申し受けます。但し、当館が宿泊者に告知したときに限ります。

宿泊の登録
第5条 
1 宿泊者は宿泊日当日、当館フロントにおいて次の事項の登録を必要とします。
(1)第2条第1号の事項。
(2)外国人にあっては、前項のほか旅券番号、日本上陸地及び上陸年月日。
(3)出発日及び出発時刻。
(4)その他当館が必要と認めた事項。
2 当館が第8条の料金の支払いを、クレジットカード等通貨に代わり得る方法により行おうとする時は、
 あらかじめ前項の登録時にそれらの呈示が必要です。

チェックイン・チェックアウト
第6条 
1 チェックイン  15時
  チェックアウト 10時 とします。
2 当館は前項の規定にかかわらず、チェックアウトの時刻をこえて客室の使用に応ずる場合があります。
 この場合においては、次に掲げる追加料金を申し受けます。
追加料金(1)12時まで  室料相当額の50%
    (2)15時まで  室料相当額の80%
    (3)15時過ぎ  室料相当額の全額

営業時間
第7条 
1 当館施設の営業時間は次のとおりとし、その他の施設等の詳しい営業時間は、備え付けパンフレット、
 各所の掲示、室内インフォメーション等の御案内いたします。
①フロント・キャッシャーのサービス
イ.門限 午前0時
ロ.フロントサービス 午前7時~午後10時
②飲食等(施設)サービス時間
イ.朝食 午前7時~午前9時
ロ.夕食 午後6時~午後9時
2 営業時間は、季節又は臨時に変更することがあります。

料金の支払い
第8条 
1 宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳は、別表第1に掲げるところによります。
2 料金のお支払いは、通貨又は当館が認めた旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等これに代わる方法
 により、出発の際又は当館が請求した時、フロントにおいて行っていただきます。
3 当館が宿泊者に客室を提供し使用が可能になった後、任意に宿泊しなかった場合においても宿泊料金は
 申し受けます。

利用規則の遵守
第9条 
1 宿泊客は、当館においては、当館が定めた約款、利用規則、又当館が定めて掲示、その他の方法に
 より周知した利用上の規則を遵守するものとします。だお

宿泊契約継続の拒絶
第10条 
1 当館は、お引受した宿泊期間中といえども、次の場合には、宿泊の継続をお断りすることがあります。
(1)第3条第3号から11号までのいずれかに該当した時。
(2)前条の利用上の規則に従わない時。
(3)なんらの申し出もなく、予約日に宿泊しなかった時。


宿泊の責任
第11条 
1 当館の宿泊に関する責任は、宿泊者が当館のフロントにおいて宿泊の登録を行った時、又は客室に
 入った時のうち、いずれか早い時に始まり、宿泊者が出発するため客室をあけた時に終わります。
2 当館は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当り、又はそれらの不履行により宿泊者に損害を
 与えた時は、その損害を賠償します。但し、それが当館の責めに帰すべき事由によるものでない時は、
 この限りではありません。
3 当館は、所轄消防機関から指導を受けており、万一の火災等に対処する為、旅館賠償責任保険にも
 加入しております。

契約した客室の提供が出来ないとき
第12条 
1 当館の責に帰すべき理由により、宿泊者と契約した客室を提供できない時は、天災その他の止むを得ない
 場合を除き、その宿泊者に同一、又は類似の条件による他の宿泊施設をあっせんします。
2 当館は前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっせんができないときは、違約金相当額の補償料を
 宿泊客に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。ただし、客室が提供できないことについて、
 当施設の責めに帰すべき事由がないときは、補償料は支払いません。

寄託物などの取り扱い
第13条 
1 フロントキャッシャーでお預かりした物品又は現金並びに貴重品に減失、毀損等の損害が生じた時は、
 それが不可抗力である場合を除き、当館は、その損害を賠償します。但し、宿泊者からあらかじめ種類
 及び価額の明示のなかったものについては、当館は一定の限度額をもって、その損害を賠償します。
2 宿泊者が、当館内に持ち込まれた物品又は現金並びに貴重品であってフロントキャッシャーにお預けに
 ならなかったもにについて、当館の故意又は重大な過失がある場合を除き一定の限度額をもって、当館は
 その損害を補償します。

宿泊者の手荷物又は携帯品の保管
第14条 
1 宿泊者の手荷物が、宿泊に先立って当館に到着した場合は、事前に当館が了解した時に限って責任を持って
 保管し、宿泊者がフロントにおいてチェックインする際お渡しします。責任は前条に準じます。
2 宿泊客がチェックアウトした後、宿泊者の手荷物、又は携帯品が当館に置き忘れていた場合、その所有者が
 判明した時は、当館は当該所有者に連絡し、着払で送付します。但し所有者の指示がない
 場合、又は所有者が判明しない時は、発見日を含め3ヶ月保管し、その後は警察署に届ける、又は破棄します。

駐車の責任
第15条 
1 当館の駐車場を利用する方は、車輌キーの委託の如何にかかわらず、当館は場所をお貸しするものであって、
 車輌の管理責任まで負うものではありません。
 但し、駐車場の管理に当り、当館の故意又過失によって損害を与えた時は、その賠償の責めに任じます。

宿泊者の責任
第16条 
1 宿泊者の故意又は過失により当館が損害を被った時は当該宿泊者は当館に対し、その損害を補償して
 いただきます。

利用規約

当館では、すべてのお客様に快適かつ安全にお過ごし頂く為、次の規則をお守り頂きます。お守り頂けない
際は、宿泊の継続をお断りさせて頂きます。また事故が起きた際はお客様に損害に対するご負担を頂くこと
もありますので、特にご留意ください。

禁止事項について
(1)喫煙箇所以外での喫煙。
(2)ホテルの許可なく火気、及びキャンドルなどの使用。
(3)以下の物品の持ち込み。
  ①犬、猫、鳥その他の愛玩動物(盲導犬は除く)
  ②著しく多数量のもの
  ③発火又は引火性のもの
  ④所持、携帯が禁止されている鉄砲、刃物、薬物類
  ⑤悪臭、異臭を発するもの
  ⑥他のお客様の快適と安全を脅かすと認められる物
(4)館内で賭博、又は風紀を乱す行為。
(5)威圧的な言動、又は他のお客様に嫌悪感を与え、もしくは迷惑を及ぼすような行為と言動
  (大声、喧嘩、騒音勧誘、話し掛けなど)。
(6)備付け品の移動又は使用目的以外でのご利用。
(7)館内の営業施設以外の場所に許可なく立ち入る事。
(8)当館の許可のない印象物持込や出前。
(9)当館の許可のない広告物配布、掲示、販売、勧誘活動。
(10)廊下やロビーなど共有スペースへの所持品の放置。
(11)「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」による指定暴力団、及び指定暴力団員のホテル、
  及びホテル内施設の利用。
(12)反社会的団体及び反社会的団体員(暴力団及び過激行動団体など並びにその構成員)の利用。

客室利用について
(1)避難経路をインフォメーションでご確認ください。
(2)宿泊登録者以外の宿泊はご遠慮ください。
(3)未成年のみの宿泊は、保護者の許可のない限りお断りいたします。
(4)長期宿泊により住居に関する法律上の権利が発生するものではないことをご了承ください。
(5)ホテルの許可なく客室内の備品を移動、持ち出しは行わないでください。
(6)ホテルの外観を損なうようなものを窓側に置かないでください。
(7)客室内の電話で外部にかけた際は使用料が加算されます。

訪問者
(1)ご訪問者とのご面会はロビーでお願いします。
(2)ドアをノックされた時は「掛け金」をかけたままドアを開けご確認ください。不審者と思われる際は、
  フロント内線9番までご連絡ください。

部屋の鍵
(1)ご滞在中お部屋から出る時は、施錠をご確認ください。
(2)館外にお出かけになる時は、フロント係員に鍵をお預けください。
(3)鍵をフロントでお受け取りになる際は、フロント係員にお名前と部屋番号を言ってください。
(4)ホテル内のレストラン、売店をご利用の時、会計伝票にご署名の場合は、お部屋の鍵をご提示ください。
(5)お部屋の鍵は、当館をご出発のとき必ずフロントにご返却ください。紛失などによりご返却のない時は、
  鍵代金の実費をお支払いいただきます。